HOME >レーザー脱毛の違い

レーザー脱毛と光脱毛の違い

サロンでの脱毛と、医療脱毛の違い

脱毛の種類は非常に多いですが、医療レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、電気ニードル脱毛に分けられています。 基本的な脱毛は同じ原理に基づいて考えられています。 原理というのは、レーザー光線による熱によって「毛乳頭」という発毛組織を破壊することで、毛が生えてこないようにするということです。 この原理に従って、先程上記で記載しております脱毛方法の違いがあります。 痛み、効果によっては少し違いがあります。クリニックで行われる医療レーザー脱毛がもっとも効果があり、扱われている機械も専門的なものになっているので担当の専門医しか取り扱うことが出来なくなっています。 また医療レーザー脱毛は病院やクリニックでしか行うことが出来ないとされているので、専門医師が施術を行います。 このことからも安全性は非常に高いといえます。 効果は大変優れていますが費用については多少高めの設定になっている所が多いです。 ですが、出力の高い医療レーザーによって脱毛効果を感じれるので、サロン脱毛よりも永続性があることが確認されています。 フラッシュ脱毛については、特別な資格が無くても専用の教育と訓練を受けたエステティシャンが施術を行います。 脱毛専門エステや サロンなどで広くフラッシュ脱毛が使用されているのが現状です。 サロン脱毛の場合は「フラッシュ脱毛」と呼ばれるもので、頻繁に通わないといけないとなりません。 機械についても医療レーザー脱毛よりは出力が弱いので多少効果が弱いということになります。 サロン脱毛の場合は最低でも数回~数十回通わなければ満足する効果は得られないです。 このような事が医療レーザー脱毛とサロン脱毛の違いになります。

肌への負担を考える必要がある

出力が強い医療レーザー脱毛ですが、効果が高いのならそれが一番!と思う方もいるでしょうが、出力が高いだけ肌への負担も増大します。 肌が弱い人は使用に注意が必要です。 高い出力の医療レーザー脱毛によって、肌にダメージを与えてしまって、炎症等の様々な症状を引き起こしてしまうケースもあります。 そのような事から、サロン脱毛とクリニック脱毛を選ぶ際の参考にしてみると良いでしょう。 肌トラブルにならないように、事前にカウンセリングを受けて相談をしてから、肌にあわせて脱毛方法を選んでみると良いでしょう。